【デッキ】ガンバトラーG7入りジョーカーズ

rfrfr.jpg

 構築済みデッキが発売され、さらに次の新弾のカードがかなりの枚数判明しているということで、また新たな環境が始まります。

 新たなギミックとして、クリーチャーと呪文を使い分けることができる「ツインパクト」や、出したターンに相手のクリーチャーを殴れる「マッハファイター」が出たようですが、これがどう環境に影響してくるか。

 まぁツインパクトの方はすでに《奇石 ミクセル》が出ており、白単メタリカというデッキが流行り始めたりするなどしているんですがね。自分も絶賛調整中。

 それで、今回発売した構築済みデッキの新カードがジョーカーズの構築の幅を広げてくれたので、早速調整してみました。

 発売後すぐにCSで結果を残しており、今後もさらに強化されるデッキタイプなので作っておいて損はないです。







1.デッキレシピ




DMvaultハッシュ【37eb8b6cd486b43a94b6ee7846876a64】


2.新カードの紹介


ttgtrgtg.png


 3月17日に、「ジョーカーズ・弾銃炸裂・スタートデッキ」が発売し、いくつか新しいジョーカーズが登場しました。

 その中でも、これからのジョーカーズの構築を変えると思われる有望なカードが、《シャダンQ》と《ガンバトラーG7》です。

 まず《シャダンQ》ですが、《ヘルコプ太》で手札を増やしつつ、ついでに出せるアタッカー兼受け。この0コストで出せるというのが、2体目以降の《ヘルコプ太》のドローを増やしたり、《ガンバトラーG7》、《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》、《ジョジョジョ・マキシマム》の条件を満たしやすくなるなど非常に相性がいいです。

 《ガンバトラーG7》は、ジョーカーズが4体いればコストが5軽くなり、《ヤッタレマン》がいればたった1マナで展開できます。

 2ターン目:《ヤッタレマン》
 3ターン目:《ヤッタレマン》&《パーリ騎士》&3コスト以下のジョーカーズ→《ガンバトラーG7》


 先攻だと《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》がないと手札が足りませんが、最速3キルプランがあります。

 ただ、《ヤッタレマン》2枚や《パーリ騎士》、《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》(後攻なら《ジョジョジョ・ジョーカーズ》でも可)を要求するので、いくらジョーカーズでもちょっと厳しいかなと。

 まぁあくまで3キルプランもあるよってことで、軽い《超特Q ダンガンオー》的な感じで考えていただければ。


3.このデッキの動き


feett.png


 まずは小型クリーチャーから展開していって・・・。



4g35g5g.png


 サーチ&ドローで展開をサポート。特に《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》は多く撃つほど楽なので引けるようお祈りしておきましょう。



rgegetg.jpg


 相手によってはメタクリーチャーを出したりしながらさらに展開していく。



5g5g.jpg


 展開したら、《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》で除去したり、《ジョジョジョ・マキシマム》で呪文を封じたりしつつフィニッシュ。


 と、いたってシンプルです。2,3ターン目の小型の展開までは基本どの相手でも行い、そこから《ガンバトラーG7》を絡めて早期に殴っていくか、《ヘルコプ太》でドローして《ジョジョジョ・マキシマム》に繋げるかの大体2択になります。


4.各カードの解説


 では、今回のレシピの枚数配分について軽く解説。個人的に解説しやすいように適当にグループ分けして解説します。


3 x チョコっとハウス
4 x ヤッタレマン
4 x ジョジョジョ・ジョーカーズ



 1ターン目、2ターン目の行動で、基本は全部4枚積みにする構築が多いです。

 特に重要なのは《ヤッタレマン》で、前述した3キルルートに限らず増えた手札を使い切るためにはこのカードによるコスト軽減が必須です。このカード無しでは、逆に相手に先に展開されてしまったり、《ジョット・ガン・ジョラゴンJoe》、《ジョジョジョ・マキシマム》の条件が達成しにくくなるので減らす理由はないです。

 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》も1ターン目に《ヤッタレマン》をサーチして2ターン目に出しやすくしたり、《パーリ騎士》のマナ置き要員になるなどで非常に便利です。デッキの底を固定することで《ジョット・ガン・ジョラゴンJoe》で捲るカードをある程度するなど細かいところでも生きてくるのでここも最大枚数の4枚。

 で、今回減らした《チョコっとハウス》ですが、最初は《ガンバトラーG7》4枚と《破界秘伝ナッシング・ゼロ》を入れて3キルプランの成功率を上げた構築を使っているときは4枚にしてました。後に《消王ケシカス》と《シャダンQ》を搭載して柔軟性のある構築に変える際、どうしても1枠削らないといけなかったため1枚削っています。

 この1枚削るのを《チョコっとハウス》か《ジョジョジョ・ジョーカーズ》で悩みましたが、今回は《チョコっとハウス》の方を減らしています。
 
 今回、《超特Q ダンガンオー》を採用しておらず、《ガンバトラーG7》も4枚ではなく3枚にしているため、1枚削っても特に問題ないと思った、というかそこしか削れなかったって感じですね。


4 x ゼロの裏技ニヤリー・ゲット
4 x 洗脳センノー
4 x パーリ騎士


 減らす理由なし。
 

4 x ヘルコプ太

 ここを3枚にする構築もよくあるのですが、自分はあまり好きじゃないです。

 2体目以降の大量ドローが特に強いと思っていますし、大量ドローができるからこそ《消王ケシカス》や《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》などの採用枚数を抑えながらもしっかり引くことができるんじゃないかなと。

 今回、《シャダンQ》も採用しており、お互いに相性がいいのでより強化されたと言えるでしょう。


2 x 消王ケシカス

 今回、このカードの枠を作るために《チョコっとハウス》と《ガンバトラーG7》を1枚ずつ削っています。

 最近は減りましたが《メガ・マグマ・ドラゴン》をケアしたり、殴る際に出しておけば《終末の時計 ザ・クロック》、《閃光の守護者ホーリー》などで耐えられるのを防いだりできます。

 また、《怒流牙 佐助の超人》からの《斬隠蒼頭龍バイケン》で、《ジョジョジョ・マキシマム》の効果が付与されたアタッカーを返されるため、そういうのを止めれるのも高評価。

 基本、殴るときにそっと横に添えるので1枚あればよく、大量ドローで引き込めるので2枚くらいがちょうどいいって感じ。このデッキの2積みは大体こんな理由の枚数です。

 《あたりポンの助》との比較ですが、コスト1の差が大きいのはもちろん、《あたりポンの助》のカード指定ではそれ以外のカードを止めれないため裏目が怖いです。

 最近また流行り始めてきたゲイルヴェスパーやら、ハンデスの《壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ》などには《あたりポンの助》が強かったりしますが、まぁここは環境次第で。

 個人的には、《消王ケシカス》なら2積み、《あたりポンの助》なら3積みって感じがしますが。そこまで枠を割けるかはよく分からないです。


3 x シャダンQ

 最初の方ですでに触れていますが、最近のジョーカーズはSトリガーを採用していない構築が多く、そういう弱点を補いつつ展開の補助もできるため相性がいいです。

 《ヘルコプ太》などで簡単に条件を満たせますし、増えた手札を使いやすくなるので相乗効果が生まれていますね。


3 x ガンバトラーG7
3 x ジョジョジョ・マキシマム
2 x ジョット・ガン・ジョラゴンJoe


 フィニッシュ枠。

 《ガンバトラーG7》は、《ヤッタレマン》絡みなら1マナで出せますが、1枚あればいい場面が多く、サーチやドローも多いので3枚で十分かと思います。

 注意していただきたいのは、「相手プレイヤーを攻撃できる」スピードアタッカーというだけで、出したターンにクリーチャーに殴り返しとかはできないという点。

 つまり、出した時のパワー+7000で殴り返しをしたいなら、元からいるジョーカーズに付与する必要があるわけですね。

 まぁこの点は逆に、《タマタンゴ・パンツァー》みたいな攻撃先をクリーチャーに指定するようなカードの効果を受けないということなのでいいところもあります。

 《ジョジョジョ・マキシマム》は全く撃たない相手もいますし、1枚は撃ちたい、念のため2枚撃ちたい時も当然ありますので、3枚までは確定で入れたいところ。

 《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》は、最近流行りの《Dの牢閣 メメント守神宮》などのD2フィールドや、サザンルネッサンス系のデッキに強いです。

 《シャダンQ》や《ガンバトラーG7》の登場で6体並べるのもより簡単になり、さらに使いやすくなりました。


5.最後に


 最近出回っているジョーカーズの構築だと、《ツタンカーネン》を積んで《ガンバトラーG7》に寄せたものがちょくちょく見かけますが、自分はこういう殴るデッキが少し怖いと感じてしまうため、《ジョジョジョ・マキシマム》などのSトリガーをケアできるプランを優先しがちです。

 《破界秘伝ナッシング・ゼロ》なども積んで3ターンキルルートを重視するというのも当然ありですし、普通に強いとは思うんですが、こういう考え方の違いが構築の差を生むんだろうなぁと。

 調整段階でSトリガーやらシノビやらを多く使われたらケアしたくなるでしょうし、逆に受けが薄いデッキばかりを相手にしているとじゃあ早く攻めれる構築にしようと思うでしょう。

 そういう違いが楽しいんですがね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
これはこれはありがとうございます。

前にウドン食いに行って以来ですね。当然覚えておりまする。

今は仕事で地元におりませんので、なかなか会えないのが残念。またみんなで飯行きたいっすねぇ。

No title
コメント返信ありがとうございます。
自信がなくて非表示コメントにしちゃいました(汗)

お久しぶりです、ばんばんさん。
元気そうで何よりです。

ゴキーン入りの卍デ・スザーク卍に釣られてかつての知り合いに出会えるとは思わなかったですよ(ブログの存在は事前に友達に教えてもらっていましたが)

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。