FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【デッキ】緑t白ゲイルヴェスパー

r3r3r3r3r.png

 新弾で強化されたデッキの一つとして、ゲイルヴェスパーというデッキがあります。

 正直、環境レベルかというと怪しいところがあるんですが、「オニカマス」と並ぶ超強力なメタカードである「デスマッチビートル」を4枚積めるので可能性はあるんじゃないでしょうか。ただ安定性と受けに問題点があるんですがね。

 で、今回はその安定性と受けを少しでも強くした構築を作ってみました。ある程度は戦えますし、大型クリーチャーがいっぱい並ぶので気持ちいいデッキなので僕は好きです。







1.デッキレシピ




DMvaultハッシュ【9d14e620c5c2a63636ab6d298fa09eca】

 各カードの効果は上記のリストから飛べば確認できます。


2.このデッキの動き


 序盤は「ジュランネル」、「デデカブラ」、「デスマッチビートル」を並べます。目標は場に4体。12枚積まれている中の4枚ですので結構厳しいですが、「ジャンボラパダイス」や「トレジャーマップ」でサーチしてでも並べましょう。

 場に4体並んだら、Wシンパシーによってコストが8下がって2マナで「ゲイルヴェスパー」を召喚。これによってこのデッキのクリーチャー全てがWシンパシーになるので、場に5体何かいれば全てのクリーチャーが1マナで召喚できるようになります。

 例えば呪文とD2フィールドを封じる「モアイランド」、「クロック」などの相手クリーチャーの効果を防ぐ「ブラッキオ」、相手の盤面除去&ドラゴンとコマンド封じの「VANベートーベン」など、普通なら10マナ以上払わないと召喚できないこのフィニッシャーたちが1マナで召喚できるようになるのです!これは気分爽快。

 また、同じく1マナで召喚できる「ジークナハトファルター」は、パワー12000以上のクリーチャーが出るたびに2マナブーストクリーチャー1枚回収ができます。「ゲイルヴェスパー」の効果で1マナで何でも出せるので、山札の残る限りマナの好きなクリーチャーをいくらでも出せるということになります。これを利用し、上記のフィニッシャーたちを複数揃えやすくなるのでこちらも実質フィニッシャーです。

 今回、自分はこの「モアイランド」や「ブラッキオ」、「VANベートーベン」をフィニッシャーとした型を使っていますが、「ジークナハトファルター」でデッキが削れることを利用して「シャコガイル」で勝利するという型もあります。どちらがどう優れているかは、各カードのところで軽く触れます。

 理想としては以下のような動き。

1ターン目:「ジュランネル」or「デデカブラ」
2ターン目:「ジャンボラパダイス」
3ターン目:「ジュランネル」or「デデカブラ」or「デスマッチビートル」を2体以上
4ターン目:「ジュランネル」or「デデカブラ」、2マナで「ゲイルヴェスパー」、1マナでフィニッシャー


 2ターン目じゃなくて3ターン目に「ジャンボラパダイス」を使って残った1マナで1コストクリーチャーを出すのもいいのですが、要は4ターン目に4体出して残り3マナ残っていればいいってわけです。最速4ターン。

 ちなみに、同じく新弾で「ボントプラントボ」という、1マナブーストしてそれがパワー12000以上のクリーチャーならもう1枚ブーストというカードが出ています。コレと、手札とマナを増やせる「コレンココタンク」がセットで投入されているのがテンプレなのですが、枠を取るし、セットじゃないとあまり意味がないし、構築縛るしと感じて全抜きしております。なので、マナを増やしていって最悪大型フィニッシャーを普通に召喚するというプランが取れなくなっております。


3.各カードの解説


4 x 界王類七動目 ジュランネル
4 x デデカブラ


 1マナのクリーチャー。最速プランに3体要求するので当然の最大枚数。

 「ジュランネル」は基本タップしっぱなしなので「メメント守神宮」があっても受けにすらなれませんが、新弾で登場した「デデカブラ」は殴れないだけなのでブロッカーとしての受けが期待できます。


4 x デスマッチ・ビートル

 「オニカマス」や「センノー」と並ぶ強力なメタカード。他の2枚と違い、例えば「レッドゾーン」のような破壊効果持ち相手だとバトルする前に破壊されてしまうので、相手のクリーチャーを破壊できないということがあるのに注意。「ジュランネル」、「デデカブラ」と合わせて序盤はとりあえず優先的に出していきます。


4 x ゼノゼミツ

 Sトリガーを持っていて実質除去を持っているのでメインの受け。「ゲイルヴェスパー」がいれば相手の「勝利リュウセイ」を除去して「ジークナハトファルター」の無限マナブーストに入れたりします。


4 x 天風のゲイル・ヴェスパー

 核。このカードを引けないと序盤に軽いクリーチャーを展開した意味がありません。一応目標は4体いる状態での召喚ですが、最悪3体でも4マナで出てくるので、1ターン除去が飛んでこないことを祈って出しておくというのもありです。


2 x 古代楽園モアイランド
1 x 界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ
2 x 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン


 フィニッシャー。相手の行動を封じる「モアイランド」と「VANベートーベン」を優先し、「ワルドブラッキオ」は1枚の計5枚体制。

 これらのフィニッシャーを採用する理由として、「ジークナハトファルター」が無くても「ゲイルヴェスパー」がいれば出せる点や、「シャコガイル」採用型と違って自然の枚数が多いので序盤が安定することです。序盤に自然以外のカードが手札に多く来ると動きが鈍りますので、自然が多いということは安定性の面で重要です。ただ、相手に1回ターンを返さないといけないのが短所です。まぁ相手は何もできないことがほとんどですが。

 対して「シャコガイル」をフィニッシュにする長所としては、決まれば相手にターンを渡さずそのターンで勝つことができることがあります。短所は、「ジークナハトファルター」が絶対に必要なのと、水文明を一定枚数入れないといけないことにより事故率が上がることです。

 この一定枚数というのは、盾落ちも考慮して「シャコガイル」は2枚、あとはその「シャコガイル」を出すための水マナが最低1枚は必要。一応、水3枚あれば、2枚以上盾に入る確率は4%程度まで抑えられるので、水の枚数は最低3枚は入れることになります。が、例えば「シャコガイル」2枚と「吸い込むナウ」1枚とかにした場合、「吸い込むナウ」を何らかの方法で使うと残りは「シャコガイル」2枚のみ。盾回収、墓地回収が無い構成だと「シャコガイル」1枚が盾落ちしていた瞬間もうフィニッシュできなくなります。なので、最低枚数の3枚にするならフィニッシュ前提の「シャコガイル」3枚にするのが無難だと思います。「吸い込むナウ」を採用するなら、1枚撃っても残り2枚分の水マナが確保できるよう、「シャコガイル」2枚に「吸い込むナウ」2,3枚くらいあると安心って感じ。


3 x ジーク・ナハトファルター

 「シャコガイル」フィニッシュだと必須なので4枚なのですが、このデッキのフィニッシュだと別に必須というわけではないので減らす余地はあります。もちろんこれの無限マナブーストが決まれば大型フィニッシャーたち全員出すことも簡単なのであればもちろんいいんですが。

 盤面にさえシンパシー元が揃っているなら、「ゲイルヴェスパー」を引くのを期待してターンの初めにマナから回収し、引けなかったらまたマナに置いてハンデス回避っていうことも可能です。


4 x トレジャー・マップ
4 x ジャンボ・ラパダイス


 「ジャンボラパダイス」は4キルプランに必須。確定4枚で説明不要でしょう。

 「トレジャーマップ」ですが、「デスマッチビートル」をサーチしたり、1コストクリーチャーや「ゲイルヴェスパー」などの欲しいクリーチャーを引きやすくするカードです。本当は手札の枚数そのものが増えるカードがよかったのですが、「巨大設計図」とか「野生設計図」とかは残念ながら噛み合わなかったです。このデッキはマナを増やすプランを全部抜いており、「ゲイルヴェスパー」ルートじゃないと勝てないのでそこを補強するカードが欲しかったので採用しております。


4 x Dの牢閣 メメント守神宮

 普通の構築では「ゼノゼミツ」や「吸い込むナウ」くらいしか受けが無く、そもそも耐えられないという場面が多いです。せっかく相手が盾を破ってくれたのにそれを生かすことなく負けというのはもったいないので、受けに使えるカードを別の色から持ってきました。

 「ホーリー」は1ターン確実に残れるし、「メメント守神宮」なら数ターン耐えれるかもしれないのが利点です。場に何もいないと「メメント守神宮」は受けになりませんが、そんな場面なら仮に耐えても返せないので割り切りましょう。

 今回は「ボントプラントボ」という構築を縛るカードを積んでいないので、こういう受けの強いカードを積みやすくなるわけですね。


4.最後に


 ちなみに、「オリオティス」や「防鎧」は無理です割り切ってます。あとはハンデス系も辛いですね。ハンデス系とかは「キキリカミパンツァー」とかを入れればワンチャンスないこともないですが。

 仮に「キキリカミパンツァー」を入れるなら、フィニッシャー枠1枚、「トレジャーマップ」1枚の計2枠分は用意できそうですが・・・そこは好みで。僕は好きじゃないです。

 構築としては結構すっきりした感じになって僕の好み。当然新弾のカードは入っていませんが、数か月前のゲイルヴェスパーでこういう形の構築を見たことがあり、今回の構築はその昔の構築を発展させたような感じになります。発展と言うとおこがましいですが。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。